2006年03月26日

Summer Timeスタート(227日目)

イギリスでは、今この時間(26 March 1:00)からSummer Timeの始まりですexclamation
Summer Timeが開始になると、通常よりも1時間、時間が早くなるということになりす。
携帯や腕時計、目覚まし時計も直しておかなきゃあせあせ(飛び散る汗)

英語でもイギリスでは"Summer Time"、アメリカでは"Daylight Saving Time"と
呼び方の違う夏時間ですが、国によって開始日時も違います。
以下、ちょっと調べてみました。

 

開始

終了 

 イギリス
(ヨーロッパ)

 3月の最終日曜日 1:00 a.m.

 10月の最終日曜日 1:00 a.m.

 アメリカ

 4月の第1日曜日 2:00 a.m.

 10月の最終日曜日 2:00 a.m.

 ロシア

 3月の最終日曜日 2:00 a.m.

 10月の最終日曜日 3:00 a.m.

 オーストラリア

 10月の最終日曜日
2:00 a.m.

 翌年3月の最終日曜日
3:00 a.m.

 ニュージーランド

 10月の第1日曜日 2:00 a.m.

 翌年3月の第3日曜日 3:00 a.m.

 ブラジル

 10月の第3日曜日 0:00 a.m.

 翌年2月の第3日曜日 0:00 a.m.


南半球では季節が北半球と逆になるため、10月から翌年までの実施となるんですね目

このSummer Time、調べてみると発案されたのは何と18世紀ひらめき
実際の導入は第一次世界大戦中だそうで、
1916年にドイツとイギリスで採用したのが始まりだとか。
日本でSummer Time導入の動きがあったのはつい最近のことでしたが、
こうしてみると意外と歴史は古いんだなぁ。

省エネや余暇の充実を目的として行われているSummer Timeですが、
その制度に慣れていない日本人としては、なかなか順応出来ません。
今は長期休暇中ですので生活リズムは簡単に変えられますが、
10月のSummer Time終了時には、それと知らずに待ち合わせや授業時間を間違えた子もバッド(下向き矢印)

まだまだ寒いのにSummerなんて気の早い話ですが、
1時間早い生活で省エネ健康ライフを目指そう晴れ
ちなみに、Summer Time中はイギリス⇔日本の時差は8時間に縮まります。

【関連する記事】
posted by ミキ at 10:00| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

海外生活
Excerpt: 海外での生活ならではのエピソードや話題をこちらで教えてください。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-03-26 23:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。